フリーランス医師の仕事探しガイド

フリーランス医師という働き方

医師業界でも組織に属さないフリーランスという働き方が注目されています。自分の裁量で自由に時間を使えて、働き方によってはかなりの高収入も期待できる点が魅了でしょう。

そんなフリーランスの案件はリクルートドクターズキャリアでも公開されてますのでぜひチェックしてみましょう。医師の転職サポート30年の実績は必ずあなたの力になってくれますよ。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
就職サポートでおなじみリクルートグループ運営の、医師支援サイトです。常時1万件以上の求人件数を誇り、さまざまな条件の求人があるのでフリーランス医師にもオススメ。就職のプロであるリクルートグループですから、履歴書の書き方、面接のポイントなどもアドバイスしてくれます。医師の転職サポート30年の実績があり、病院とのつながりもある医師転職に精通したアドバイザーがサポートしてくれます。

医師転職ドットコム 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
業界最大級の求人数4万件を誇るのが医師転職ドットコムです。好条件の非公開求人も常時1万件あり、フリーランス医師が希望する、こだわった条件の求人も簡単に見つけられます。また、医療機関の内情を現地取材により情報入手している病院も多く、応募前に病院の状況が分かるのも魅力です。コンサルタントの手厚いサポートも魅力で、医師の将来的なキャリアプランも相談に乗ってくれます。好条件の非公開求人をチェックするならまず登録をしてみましょう。

マイナビDOCTOR 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
CMなどでも有名なマイナビ。その医師転職サポートサイトがマイナビDOCTORです。マイナビDOCTORの魅力はサイトの使いやすさです。常勤医・非常勤医の他にスポット医師求人もあるので、フリーランス医師も自分に合った求人を探しやすいです。全国に14拠点あるので、地域に精通したキャリアパートナーがその地域の医師の求人をサポートしてくれます。求人数は業界最多クラスとはいかないものの、就職のプロによる充実したサポートを受けられます。

エムスリーキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
多くの医師に支持されている医師求人サイトがエムスリーキャリアです。約25万人の医師会員を持ち、これまで多くの医師の転職のサポートをしてきた実績があります。評判なのはコンサルタントによる充実したサポート力で、面接への同行、言いにくい病院側との条件交渉も代行してくれます。求人数も豊富で、常勤医に比べて条件面で厳しくなりがちなフリーランス医師にもオススメです。特に首都圏、東海、関西エリアの求人が充実しています。

JMC 無料 全国 ☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
知名度こそ低いものの医師に高い評価を受けているのがJMCです。JMCの魅力は医療機関とのコネクションもあるベテランコンサルタントが多いところです。医師の転職のプロが病院側との交渉も代行してくれるので、条件面で厳しくなりがちなフリーランス医師でも安心でしょう。また求人データをもとにした医師の適正年収診断もしてもらえて、自分のスキルに応じた年収が分かるのもポイント。好条件の非公開求人も多数あるので、フリーランス医師にオススメです。

フリーランス医師は実在する?

自身で病院を開業しているわけでもなく、またどこかの病院に属してもいない、いわゆるフリーランス医師が存在していることはご存知でしょうか。 テレビドラマでも話題になり、様々な医療機関を渡り歩くフリーランス医師は実在しており、長年開業医や勤務医を続けている人からすればかなり不安定な働き方という印象を持たれますが、フリーランス医師は昔に比べ増加傾向にあるのです。

ドラマや漫画のように医師免許が無かったり、カリスマ性のある一匹狼のような医師ではありませんが、様々な医療機関と友好な関係を保ちつつ、フリーランスの医師を続ける人は多く存在するのです。現実に存在するフリーランスの医師の勤務スタイルは非常勤、いわゆるパートタイムで働いています。

ただ、様々な医療機関を渡り歩くフリーランスの医師の場合、難しいオペをする外科医という印象がどうしても拭えませんが、実際外科医のフリーランス医師はほとんど存在しません。 難易度の高い外科の手術をする場合は、手術前に多くの検査結果を照らし合わせる必要があります。 また、リスクの高い手術になるので患者本人やその家族、他の科の医師との信頼関係を構築する必要があるため、フリーランスで外科医をすることは難しいのです。 実際にフリーランス医師はほとんどが内科医や麻酔科医で、中でも麻酔科医が多くなっています。

近年慢性的な医師不足が嘆かれており、特に全ての手術で必要になる麻酔科医は一人で複数のオペを同時にこなすことも珍しくはありません。 そのため、大きな医療機関では常に麻酔科医を必要としており、手術前後の経過観察や検査などの必要が無いため、フリーランスの麻酔科医氏が重宝されているのです。 フリーランス医師を雇う立場である病院としても、常に何人もの麻酔科医師を常駐させ、研修から育てて行くよりは、経験豊富なフリーランスの麻酔科医を非常勤として雇い、手術をこなしていくほうが人件費の削減にも繋がるのです。

また、フリーランス医師は常勤している勤務医よりも時間に融通が利き、家族との時間を持ちやすいため、麻酔科医を中心にフリーランス医師が広まっています。 今月は多く働いて休みが少なかったため、翌月の仕事は少なめにしようという働き方や、自分が難しいと思う手術であれば依頼を回避できるというメリットがあります。 かつては安定している職業ナンバーワンだといわれた勤務医でも、高齢化などによる病院不足や医師不足からフリーランスの医師の働く場は増加し続けているのです。


Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.