麻酔科のフリーランス医師求人

フリーランス医師TOP >> 条件別のフリーランス医師求人 >> 麻酔科

麻酔科のフリーランス医師求人

フリーランスで働く医師の需要は多く、その中でも特に求人が多いのが麻酔科のフリーランス医師です。麻酔科の医師は手術にはなくてはならない存在ですが、手術の中心はやはり外科医などであり、どこか下に見られているイメージが付きまとっています。実際の手術でも外科医は患者に向き合い、麻酔医は機械をみて患者の容体の変化を随時報告し、適切な処置を行うので、どこか一匹狼的な感じもあります。

そういったしがらみがあり、なかなか常勤の麻酔医を雇えないという病院もあるようです。そのため、大きな病院でも麻酔科の医師が不足しています。一昔前までは、麻酔医がいなくても他の外科医が麻酔を担当したりしていましたが、それにより医療事故が起こったケースもあります。そのため病院でも専門性の高い麻酔医を求めているのです。

麻酔科のフリーランス医師求人としては、大きく2つの種類に分けられます。一つが常勤医の代わりとして勤務をする求人と、もう一つは特定の手術の時だけのスポット的な求人です。どちらも求人数は多いですが、時給的に見れば特定の手術の際に雇用されるスポット求人のほうが高いです。その場合は高いスキルと経験が求められます。常勤医の代わりとしての求人には、常勤医がいないために、その穴埋めとして雇用されるケース、そして常勤医が休んでいる時、夜勤などのために雇用されるケースがあります。スポット求人よりは時給は安いですが、実際に働いている時間は少ないですし、ある程度予定を立てやすいのがメリットでしょう。

そして常勤医の代わりとしての麻酔医も時給は安いとは言うものの、フリーランスの医師求人の中では一番と言っていいほど高いです。それだけ多くの病院から求められている貴重な医師ということになります。フリーランス医師の時給は平均1万円位と高額になりますが、麻酔医では1万5,000円にもなるケースが多く、1日で10万円以上稼ぐことも可能です。

麻酔科のフリーランス医師の求人は全国的に多めになっています。いろいろな情報があれば求人が見つからないということはまずないでしょう。最近は初産年齢が高くなり高齢増えてきている、また無痛分娩や帝王切開のニーズが増えてきたことから、産科でのニーズも高まっています。それでいて妊婦も女性産科医に担当になってもらいたいという人も増えてきており、麻酔医に関しても女性医師のニーズがあります。子供がいて常勤は難しいという女性麻酔医はフリーランスのほうがいいかもしれません。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.