献血のフリーランス医師求人

フリーランス医師TOP >> 条件別のフリーランス医師求人 >> 献血

献血のフリーランス医師求人

フリーランス医師求人には献血時の医師としての求人があります。献血はショッピングセンターなどに何ヶ月かに一度献血バスでやってきたり、献血センターでは毎日のようにできます。献血はその名の通り血液を採取するのが目的です。

そのため、献血の仕事は血液採取が主な仕事なのかな、と思う人もいるでしょう。もちろん医師が採血することもありますが、実際は看護師が行うケースがほとんどです。献血に行ったことがある方はわかるかと思いますが、実際に200mlもしくは400ml、または成分献血を行う際には、その前に血液検査をして問題がないかを確認します。では、医師はその検査を行うのかというと、その血液検査も看護師が行うことがほとんどです。あくまで医師としての仕事は、献血を行う方の健康状態を診察し、また血液検査の結果を確認し、最終的に献血可能かの判断を下す仕事になります。また、稀に献血の最中、もしくは献血終了後に体調不良を起こす人もいますので、その状態に合わせた適切な医療処置を施します。

献血の医師としての仕事は、他のフリーランス医師の求人に比べると非常に楽な仕事になることが多いでしょう。献血を行うのは健康な方ですし、あまり体調がよくない人が来ることも少ないです。そのため、血液検査の結果、もしくは服用している薬、体調などによっては献血をお断りすることはありますが、それ以外は何の問題もなくOKを出すだけとなります。それほど高い知識も経験も必要ないというわけです。また、ひっきりなしに献血をする方が来ることもありますが、採血時間よりも医師の診察時間は確実に短いので、忙しい時でもマイペースでできます。そのため献血の求人に応募したいフリーランス医師は非常に多いのです。

ただ、献血の仕事は、その仕事内容自体はハードではありませんが、1日中拘束されることになります。夜勤がないのはメリットですが、土日祝日にも仕事があります。また、比較的楽な仕事ということもあり、給与面ではフリーランス医師求人の中では低めになってしまいます。一般的に医師のアルバイトは時給10,000円前後になることが多いですが、献血の場合はその半分くらいになってしまうことも多いです。土日祝日だと手当がつく場合もありますが、それでも高額な収入になる事はないでしょう。

そして献血の仕事をしたいと思っても、求人が見つからないのが現状です。血液センターは病院ほど多くはありませんし、献血バスも多くはありません。それでいて献血センターに勤める医師はしっかりいるわけですから、求人はほとんどない状況なのです。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.