救護のフリーランス医師求人

フリーランス医師TOP >> 条件別のフリーランス医師求人 >> 救護

救護のフリーランス医師求人

花火大会、コンサート、スポーツイベントなどのさまざまな催しでは、一般の方はあまり気にしたことはないかもしれませんが、必ず救護室、救護コーナーなどが設けられています。そこにフリーランス医師の求人があるのです。

イベントでは数百人、数千人、時には数万人という規模の人が集まります。そうなると中には体調を崩してしまう方、ケガをしてしまう方も少なくありません。救護は、そういった方に適切な応急処置をおこなうのが主な仕事です。ただ、基本的には待機が多く、イベントによってはほとんど体調を崩す方がいなかった、なんてケースもあります。

救護の仕事はあくまで応急処置がほとんどです。もちろん、イベントに来ている方は健康な方がほとんどですから、起こりえるケースとしては真夏の屋外のイベントで熱中症になってしまう方、もしくは転んで怪我をした方などが多いでしょう。稀にスポーツイベントなどで心臓発作、脳梗塞などを引き起こすケースもあるでしょうが、その場合は救急車を呼ぶなどの判断をすることになります。つまり、その判断すら的確にできれば、ある程度の知識や経験がある医師なら難しくない仕事です。

そのため、救護の仕事は病院の求人に比べると、精神的負担も少なく、楽な仕事となるでしょう。ただ、それもイベントや天候によって大きく変わります。一切仕事がなかった、というケースもあれば、救護室に入りきれないほどの患者が来ることもあります。特に真夏の暑い日の屋外イベントでは熱中症になる方も非常に多く、イベント中ずっと応急処置をしているというケースもあるでしょう。そして稀ではありますが、思わぬ事故が発生することもありますから気を抜けません。

救護の仕事の給料はほとんどが日給で支払われます。その金額はイベントの開催時間によっても異なりますが、6〜8万円程度になることが多いようです。フリーランス医師求人の中には1日で10万円を超すケースも少なくないので、それに比べれば安い設定となっています。ですが、実働時間で言えば、4〜5時間程度というケースも多く、そして場合によってはほとんど仕事をせずに済む事もありますから、それでこれだけの給料が得られると考えれば決して安くはありません。

そのため、救護の仕事をしたいフリーランス医師は非常に多いです。ただ、それほど求人が見られるわけではなく、地域によっては月に数度しかイベントがない事も普通ですから、救護の仕事だけで働くのは難しいでしょう。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.