フリーランス医師の手当は?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師の手当は?

フリーランス医師の手当は?

勤務医として十分な実績、経験を積んだ人が、自分の裁量で仕事ができるフリーランスの医師に転身するケースが増えています。 フリーランスの医師になれば給与は時給換算や日給換算になり、複数の医療機関でうまく仕事を回していけば勤務医よりも効率よく稼げて、年収が上がります。 一般的な勤務医の年収は約1,480万円と言われており、フリーランスの医師の平均は時給換算すると1万円から2万円とかなり高額なので、仕事が十分にあるフリーランスの医師は年収が3,000万円を超えることもあります。

フリーランスの医師は時給換算される通常業務とは別に、医療機関で人手が足りないときに手当を追加支給してフリーの医師を募集する時があります。 例えば健康診断や人間ドックが企業や学校など規模の大きいところから依頼があった場合、ヘルプとしてフリーランスの医師を募集するのですが、その場合は交通費など全て込みの報酬が日給という形の手当てが出る場合があります。

人間ドックにフリーランスの医師を派遣すると労働時間は4時間から7時間ほどで、日給手当ては4万円から8万円ぐらいが相場です。 内視鏡検査やMRIといった専門的な医師を派遣する場合には、追加の手当てが加算されることが多くなっています。

さらに勤務医が交代制で行っている当直も、近年は人手不足からフリーランスの医師に依頼している医療機関も多く存在し、深夜の勤務になるために深夜手当てとして普段の時給よりも高額な給与が支給されます。 手術が重なっている医療機関は手術の際に必要になる麻酔科医が不足してしまうため、フリーの麻酔科医を募集するのですが、その際に手術手当てとして、時給ではなく施術の回数で報酬を支払うところも存在します。

通常時給1万円から15,000円ぐらいでも、手術が重なる時期は5時間ほどの手術でも1回10万円の手術手当ての報酬が出る場合もあるのです。 基本特別手当が出る仕事は緊急性が高いため、よほど個人的なつながりがある場合ではないと簡単に見つけることができません。

これらの業務は個人間のつながりで仕事を得る方法のほかに、各医療機関に自ら営業活動をしたり、または医療関係の求人情報を確認する方法があり、毎日の医療業務と同時進行で臨時収入を得られる仕事を常に探し続ける必要があります。 フリーで医師として高収入を得るためには、個人間のつながりを大切にし、日々の業務が忙しくても常にアンテナを張り巡らせ臨時の仕事が無いか探し続ける必要があります。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.