フリーランス医師のデメリットは?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師のデメリットは?

フリーランス医師のデメリットは?

近年麻酔科医や内科医などを中心に医療機関に属している勤務医ではなく、時間給で様々な医療機関にアルバイトとして働いているフリーランスの医師が増えています。 長年医師不足と言われており病院側もできるだけ多くの医師が必要なのですが、人件費削減の問題もあり、なかなか新たな医師を雇えないという状況で、必要な時間帯だけ働いてくれるフリーランスの医師は重宝されているのです。

フリーランスで働く医師側も自分の裁量に合わせた仕事量で働くことができるため、医師側病院側の双方にとって都合が良いのですが、フリーランスの医師を続けていく上でデメリットも存在します。 フリーランス医師は仕事に融通が利く代わりに、不安定な仕事量や複数の医療機関での人間関係、個人事業主としての経費管理や医師としてのキャリアアップなど、様々なデメリットがあるのです。

フリーランスで働いている以上、仕事の依頼が急激に減ってしまうという心配はつねに付きまとってしまいます。 複数の医療機関で効率よく仕事を回していけば勤務医よりも収入は多くなりますが、即契約が切られてしまうことも覚悟しておく必要があるでしょう。 そのためほとんどのフリーランス医師はリスク回避のために複数の医療機関で業務を行っていますが、毎回新たな執刀医と連携を取る必要があるため、人間関係でストレスが溜まる人も多いのが事実です。

そして様々な医療機関を掛け持ちし、仕事を多くこなせばこなすほど収入が増え、勤務医よりも高い給与を得ることができる代わりに、多方面からの収入や節税対策など、フリーランス医師は個人事業主として自ら収入や経費の申告を行う必要があります。 せっかく多くの仕事をこなして高収入を得ても、節税対策や申告漏れがあると所得税や住民税で大きな差が出てしまい、手取りで計算すると勤務医のときのほうが高かったということもよくあるのです。

これら仕事への不安感や給与管理に関してメリットがあるフリーランスの医師ですが、医師としても役職が上がらないというデメリットもあります。 大学病院など規模の大きい病院の勤務医は、経験を積むことによって病院内での役職が上がり、それに伴って収入も上がります。 しかしながらフリーランスで働いている医師は、時給に違いはありますが基本は一定の時給で一般の医師として働き続けるため、役職が上がるということがあり得ません。

フリーランスの医師として働き続けるにはリスク回避で複数の医療機関と契約し、様々な医師との連携がとれるよう高いコミュニケーション能力が必要になるのです。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.