フリーランス医師が高収入になるには?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師が高収入になるには?

フリーランス医師が高収入になるには?

複数の医療機関を掛け持ちし、勤務医としてではなく日給や時給で働くフリーランスの医師は現在、長時間勤務や夜勤が辛い人や、病院内の人間関係などで悩みたくない人、自分の時間や家族との時間を大切にしたい人などに適した雇用形態のために増加しています。 さらに仕事を上手くまわして複数の医療機関で働いていたり、スキルや経験値の高いフリーランスの医師などは通常の勤務医よりも高収入な人も存在します。

フリーランスの医師で勤務医よりも高収入を目指すのであれば、効率の良く仕事を入れ、経験を積んで様々な医療機関から信頼を得ることが大切なのです。 フリーランスの医師は基本的には私立の病院で働くのですが、平均の時給はおよそ1万円だと言われています。 この平均時給で1日フルで働いたとしたら日給は8万円、年収にしたらおよそ1,900万円ほどです。 一般的な勤務医の平均年収が1,400万円位なので、フリーランスの医師のほうが給与が高く感じるかもしれませんが、フリーで仕事をしていればどうしても年金などで引かれる額が高くなってしまうため、勤務医とほとんど変わらない年収になってしまうのです。

しかしフリーランス医師の求人では時給だけでなく、手術一回につき10万円だったり、半日の勤務で5万円から10万円と言ったような給与形態での募集も存在します。 手術のときのみ参加するだけで術前術後の業務が少ない麻酔科医は、フリーの場合は手術ごとに手当てをもらう形で1日何件ものオペをこなし、一般的な勤務医の倍以上の年収を稼ぐ人もいるのです。 もちろん麻酔科医であっても掛け持ちで報酬単価の高い仕事ができるのは医師としてのスキルや、今まで築いてきた病院側との信頼関係があるため成り立つのです。

フリーランスの医師になりたてのころは勤務医と同じぐらいの年収、またはそれよりも低い収入でスタートする人がほとんどですが、経験を積むことによって信頼を得て、報酬も上がり、仕事のまわし方も効率良くできるようになります。 また、経験を積んだフリーランスの医師は普段の業務だけではなく、講習会や医療関連雑誌などの取材、対企業や学校などの大掛かりな健康診断や人間ドックへの医師としてのヘルプなど、多彩な求人をこなせるようになるでしょう。

これらの業務も時給換算ではなく日当という形で支払われるのですが、実質働く時間は半日程度で、時給換算すればかなり割りの良い仕事です。 経験を積んだフリーランスの医師は、このような特別な仕事も日々の仕事と同時進行しているため、勤務医よりもはるかに高収入を得ているのです。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.