フリーランス医師の生活には?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師の生活は?

フリーランス医師の生活は?

近年、医師不足による過度な超過勤務などが急増し、問題になっています。 かつては高給で憧れの的だった医師の仕事も変化が見られるようになり、過酷な労働条件によって心身が衰弱し、医師を辞めてしまう人も多くなってしまいました。 そんな辛い状況の中、医師たちの間でフリーランスとして働くという考え方が浸透し始め、自分の裁量で仕事量を調節できるアルバイト専門で働く医師が増えてきたのです。

多くの仕事を掛け持ちして勤務医時代よりもはるかに高い年収を得ている人もいれば、勤務医時代よりも収入は減りますが、自分の時間を持てて暮らしに余裕が出るようにしている医師なども存在します。

フリーランス医師の最大のメリットは自分で仕事量を調節できるということです。勤務医として医療機関に属して働いていると、そこで行われる治療や手術などには担当医として全て関わらなければならないのですが、フリーランスの医師であれば自分が苦手とする業務は避けることができます。 なるべく自分の得意とする仕事を選べば精神的にもかなり楽になり、プレッシャーから開放されるため、より患者さんに集中して仕事をすることができるのです。

また、フリーランスの医師で最も多い麻酔科医は、手術のときのみに人手が必要となるため、時給のアルバイトだけではなく、手術1回につき10万円と言った給与形態で働いている人も多く存在します。麻酔科医は手術前の患者さんとの信頼関係の構築や、手術後の経過観察を行う必要がほとんどありません。

そのため手術1回で給与を受け取り、次の仕事、新たな手術で業務を行えば、1日に複数回高額の報酬を得ることも可能なのです。 フリーランスの医師は、今月は仕事が多かったので翌月は家族のためにあまり仕事を入れないようにしよう、と言ったような仕事量の調整がしやすいのも魅力です。

また、女性の医師が自分の家族を大切にするため、子育てなどと両立するためにフリーランスの医師になるケースも年々増加しています。 勤務医として十分な経験を積んだ女性医師が結婚、出産後にフリーの医師として復帰するケースが多いため、女性医師の割合は年々増加し、50年前の約9%から現代は約18%と倍の数になっているのです。

フリーランス医師はアルバイトとして複数の医療機関で働くため、病院内での出世がありません。 そのため人間同士のしがらみなどは無く、余計なストレスを溜め込むことなしに、自分の時間を大切にしながら働くことができるのです。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.