フリーランス医師のメリットは?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師のメリットは?

フリーランス医師のメリットは?

近年医療機関に属しているわけでもなく、自身の病院を開業しているでもない、フリーランス医師をする人が増えてきています。 医者という職業は医師免許を取得して病院勤務をしていれば安定して高額な給与を得ることができるため、フリーランスの医師になるメリットなどあるのかと思ってしまうかもしれませんが、そうとも言い切れないのです。

フリーランスの医師はワークスタイルを選ぶことができるので、やりたくないと感じた手術などを避けることもでき、就業効率を良くすることで勤務医よりも高収入を得ることができるなど、様々なメリットがあります。

まず勤務医の業務で辛いのが、近年嘆かれている医師不足により深夜までの残業や突然の急患、オペなどに対応しなければならないという点です。 最近はこの勤務医の過度な労働が問題視されており、疲労してしまい休職や退職を余儀なくされた医師も多く存在します。 フリーランスの医師であれば時間給で決まった時間に医療業務をすることができ、緊急な仕事にも対応する必要が無いため気持ちにもゆとりができ、家族との時間も大事にすることができるのです。

また、麻酔科医など手術のときのみに必要になる医師がフリーで働けば、1日8時間という拘束時間に縛られることが無いため、一日に複数の病院での手術を掛け持ちして仕事をすることができます。 時間給なので仕事をすればするほど給与が上がり、通常の8時間拘束の勤務医よりも効率よく収入を得ることができるため、麻酔科医など手術のときのみヘルプに入れる医師はフリーランスで働く人が多くなっています。

フリーランスの麻酔科医の時給相場はおよそ1万円から1万5,000円と言われており、週に5日間、勤務医の就業時間の4分の3である6時間労働でも、週給にして30万円から45万円なります。 年収にして1,440万円から2,160万円と、勤務医の平均年収である1,480万円と同等、またはそれ以上の額を短い労働時間で得ることができるのです。

また、フリーランスの医師はプレッシャーの高い難しい手術の仕事などを回避することができるため、精神的にも余裕があり、仕事の質も高くなると言われています。 フリーランスの医師は大学時代からのつながりや元々勤務医として働いていた関係など、知人の紹介など個人間のつながりや、求人広告、医療系の職業紹介所など様々な方法で仕事を得て、自分のライフスタイルに合わせて業務に当たっています。

これらの理由から自分の裁量で働くことができ、自分の時間を持て病院側からのプレッシャーの無いフリーランスの医師を選ぶ人が増えているのです。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.