フリーランス医師に人気の仕事は?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師に人気の仕事は?

フリーランス医師に人気の仕事は?

フリーランスの医師と言えば漫画やドラマで有名になった天才外科医をイメージしてしまいますが、実際にフリーランスの外科医はとても稀で、ほとんどが内科医や麻酔科医になります。 手術のときにヘルプとして入り、手術前後に患者さんや他の医師たちとの人間関係を構築する必要が無い麻酔科医や、患者さんのカルテをデータ保存できるようになった現代は内科医などがフリーランス医師に人気の仕事となっています。

大学病院など大型の医療機関では慢性的に麻酔科医が不足しており、一人の麻酔科医が複数の手術を同時に掛け持つといったことも珍しくはありません。 しかし、それだけ麻酔科医に負担をかけてしまうと医療ミスが起こってしまう確率なども上がってしまうため、大型の医療機関では頻繁に非常勤の麻酔科医を募集しています。 麻酔科医は手術のときに勤務して、手術前の検診や術後の経過観察などは常勤の医師が担当してくれるため、フリーランスで働くには適した仕事です。

手術が完了すればその病院の麻酔科医としての仕事が終了するため、次の病院の仕事に集中できるという利点や、病院側も時間給でアルバイト雇用ができるため、手術後に給与が発生せず、人件費の削減にも繋がります。 また、麻酔科医と同じように内科医も近年はフリーランスの医師が増えているのです。

内科医は麻酔科医と違い外来検診などを行わなければならず、常勤ではない医師では難しいのではないかと思う人も多いのですが、近年カルテのデータ管理がデジタル化されたため、非常勤の医師でも内科の外来検診がしやすくなりました。

そのため、医師不足により土日などの開業時間を減らさざるを得なかった病院などでは、休日外来などの時間を埋めてくれるフリーランスの内科医を雇うなどの対策で、病院をうまく経営しています。 麻酔科医も内科医も病院内では必ず必要な人材ですが、常勤にしなくても病院の人員を回せるとしたら、病院経営者側からしたらフリーランスの麻酔科医や内科医はとても貴重な存在なのです。

近年麻酔科医や内科医は医師不足が理由で激務を強いられ、勤務医は給与額が決まっているため、残業代は出ても上限があり、フリーランスへと転身する人が多くなっています。 病院経営側にとっても、経験豊富な医師を人手が足りない時間に必要なだけ埋め合わせができ、勤務している医師の負担軽減ができるため、麻酔科医や内科医のフリーランス医師の勤務時間の割合を増やしているのです。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.