フリーランス医師の仕事の探し方には?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師の仕事の探し方は?

フリーランス医師の仕事の探し方は?

テレビドラマなどでもテーマとして取り上げられるようになった医療機関に属さないフリーランス医師は、麻酔科医や内科医などを中心に近年増加傾向にあります。 勤務医と違い自分の裁量で仕事ができるため、医療機関の上下関係に悩むことが少なく、労働時間の調節もできるため、激務で悩む医師が増加しているという問題がある昨今、フリーの医師になることを決意する人が多いのです。

ただフリーランス医師には、仕事が常にあるかどうか、急に契約が切れてしまわないかと言った不安が常に付きまとうというデメリットがあります。 フリーランス医師は勤務医時代や大学時代の付き合い、また自分自身で営業をして仕事を得る方法と、フリー医師の専門エージェントなど職業を斡旋してくれる専門機関に依頼する方法があります。

フリーランスの医師は仕事が急になくなるリスクを考えて、複数の仕事を掛け持ちしている人が多いのですが、その場合はかなり多忙になってしまうので、なかなか自身で営業活動をすることが難しいのです。フリーの医師と医療機関とをつなぐ専門エージェントはもちろん有料ではありますが、忙しい医師本人に代わって仕事を紹介してくれて、さらに確定申告などの税金関連のアドバイスもしてくれるところもあるので、フリーランス医師にとってはとても心強い機関であると言えます。

勤務医からフリーランスの医師に転身したいけど、自分で仕事を見つけられる自信がないので、我慢をして勤務医として過酷な労働を続けている医師や、結婚や出産を機に一度退職したが、復職を考えている女性の医師などは、この医師専門エージェントに相談してみることをお勧めします。 エージェントを利用して仕事を得ている麻酔科医などは、各医療機関の手術の時に参加し、一日に何件もの手術を担当することにより、一般勤務の麻酔科医の倍以上の収入を得ている人もいます。

エージェントが取ってくる仕事は時給換算の仕事だけでなく、手術1回あたり数万円から数十万円までの報酬がある仕事が存在するのです。 近年の医師不足により、このようなスポットで高額の報酬を得られる仕事と、時給換算でほぼ常勤のような形で働くスタイルを両立させているフリーランスの医師が多くなっています。

結婚や出産後も自分のライフスタイルに合わせて医師の仕事を続けたい人も、フリーとしてバリバリ仕事をして収入を増やしたい人も、仕事が切れてしまう不安を和らげてくれる、医療系の仕事斡旋エージェントの担当を持っていると心強いでしょう。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.