フリーランス医師の節税は?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師の節税は?

フリーランス医師の節税は?

フリーランス医師のメリットは、仕事効率を良くすれば一般の勤務医よりも高収入になるというところにあります。 特に手術のとき必ず必要になる麻酔科医はフリーランス医師にとても向いており、手術前後の検査や患者との信頼関係構築が必要ないため、経験豊富なフリーの麻酔科医は人手不足の病院から常に需要がある存在なのです。

信頼を得て日々上手くスケジュールをまわしているフリーランスの麻酔科医の年収は、平均で3,000万円を超えると言われており、一般的な勤務医の年収のおよそ倍になります これだけ収入が増加し、さらにフリーランスで働いているとなると所得税や住民税が勤務医のころに比べてかなり増加してしまうため、フリーランス医師は節税対策が必須です。 まず生命保険などの加入が、フリーランスで働く人の間では節税対策の常套手段として挙げられます。

節税対策の生命保険もかつては積立金の全額が所得税控除の対象になっていましたが、現在は法改正がされ、一部の生命保険は積立金の半分しか控除対象にならないものがあるので、保険会社や税理士に相談して全額控除対象の保険を選ぶようにしましょう。 また、フリーランス医師は個人事業主なので、独立行政法人中小企業基盤整備機構が行っている小規模企業共済への加入が可能です。

この小規模企業共済は個人事業主の個人年金のようなものですが、積立額を選ぶことができ、全額が所得税控除の対象となるので節税効果が高いものになります。 さらに医師であれば大学や商工会議所などでの講演や勉強会、または資料や書籍などの原稿作成費などが日々の医療業務以外にも発生することが多く、これらは給与とは別の雑所得として計上する必要があります。

日々の医療業務とは別の報酬額は、年間20万円を超えると雑所得として申告する必要があるのですが、これらの講演会や原稿作成のために使った費用は全て経費として申告することができます。原稿作成のために購入した資料やパソコン、出張費や交際費に関しては必ず領収書を保管しておきましょう。

フリーランスの医師は、元々勤務医として働いていた人が信頼や経験を積んでからなる場合がほとんどなので、勤務医時代にはやっていなかった経費の記帳や確定申告などが重荷になってきます。 フリーランスの医師は収入が高いため、節税対策をするのとしないのとでは大きく差が出来てしまいますので、税理士にも相談をしてみると良いでしょう。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.