フリーランス医師の掛け持ちは?

フリーランス医師TOP >> フリーランス医師のFAQ >> フリーランス医師の掛け持ちは?

フリーランス医師の掛け持ちは?

自分の裁量で仕事ができ、ストレスの溜まる仕事は避けることができるため、フリーランスで働く医師が近年増加傾向にあるのですが、やはり勤務医とは違ってフリーという不安定な立場なので、複数の仕事を掛け持ちしてリスク回避を行っている人が多く見られます。 医師の仕事を掛け持ちする場合は副業禁止の病院でないかの確認や、確定申告の申請などに注意が必要になります。

たとえ私立の医療機関であっても、場所によっては掛け持ちで仕事をすることを禁止している場合がありますので、これから働く医療機関は副業で掛け持ちアルバイトをしても大丈夫かどうかの確認を業務開始前にしておくと安心です。 また、フリーランスで複数の病院から給与をもらっている医師は、その給与が源泉徴収されているかどうかもしっかり確認しておかなければなりません。

フリーランスの医師が仕事を探すときは医師専門の仕事斡旋エージェントに依頼して探してもらう場合や求人情報を確認して自ら応募する場合などがあります。 そのような場合は正式なアルバイトとして採用されるので、給与から源泉徴収分が引かれている場合が多いのですが、知り合いの医師のつながりなど個人の人間関係で仕事を請け負った場合、報酬に源泉徴収が引かれていない場合があるのです。 もちろん受け取った報酬は全て申告する必要があり、源泉徴収されていないことが発覚してしまうと追徴課税を受けてしまう可能性があるので、たとえ個人のつながりで仕事をしたとしても、給与を受け取る際は必ず源泉徴収してもらうように医療機関側に申請をしておきましょう。

フリーランスの医師は、働いている医療機関の人手不足が解消されたらその病院での仕事が終了してしまうことが多いため、急に仕事が切られても大丈夫なように、複数の場所で掛け持ちで働くことがほとんどです。 うまく仕事が回っている時は勤務医よりも収入が良く、今月は仕事を入れすぎたから来月は仕事を少なめにしようと言ったような仕事量の調整ができるところがフリーランス医師のメリットです。

近年は医師不足が嘆かれており、フリーランスの医師の活躍の場は広がっているのですが、掛け持ちをしすぎると身体と心に負担をかけてしまいます。 収入が良くなるから、仕事が少なくなったときが怖いなどの理由で、自分の限界以上の掛け持ちをしてしまうと、心や身体に大きな負担となってしまいます。 体調不良により退職という可能性も出てしまいますので、掛け持つ仕事も無理のない量に調整することが大切です。

フリーランス医師の求人も豊富!転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C) 2017-2018 フリーランス医師の仕事探しガイド All Rights Reserved.